coming soon
準備中

石渡明廣プロフィール

 

小学5年の時、ギターとドラムを始める。後、ジャズ・ギターを学び、暗黒舞踏「大駱駝艦」の音楽主任に就任して注目を集める。
1980年代後半よりジャズシーンに登場。またドラマーとしてもジャズ、ロック等ジャンルを問わずこれまでに数多くのミュージシャンと共演。

ギタリストとしては「MULL HOUSE」<上村勝正(Bass)、外山明(Ds)>のリーダーとして活躍。また、林栄一・石渡明廣DUO、渋谷毅オーケストラ、「Quiet StoRm」<秋山一将、石渡明廣(G)、峰厚介(Sax)、岡田勉(Bass)、セシル・モンロー(Ds)>等、先進的な サウンドを追求するグループで活動する。エキセントリックで攻撃的なプレイに特徴がある。コンポーザーとしての評価も高い。

MULL HOUSEでは、1stアルバム『MULL HOUSE』<石渡明廣 (g.)、林 栄一 (a.sax.)、青木タイセイ (tb.key.)、上村勝正 (b.)、外山 明 (dr. perc.)>と、2ndアルバム『Funny phenomenon in my Brain』を発表。

一方ドラマーとしては、これまで渋谷毅(p)、明田川荘之(p)、千野秀一(p)、原田依幸(p)、等と共演。 アルバムでは、コクシネル『re-incarnation』<野方攝 (vo, g)、 池田洋一郎 (g)、宍戸幸司 (g)、中山努 (key)、近藤達郎 (pf)、 早川岳晴 (b) >やアケタズディスク『AKETA MEETS TAKEDA I DIDN'T KNOW ABOUT YOU』<明田川荘之(p,synth,etc)武田和命(ts)山崎弘一(b)米木康志(b)石渡明廣(ds)亀山賢一(ds)>等に参加。