木津かおり_170427_1053-crop.jpg
・木津かおりHP   
http://www.kitsu-kaori.com

Kaori KITSU  

 

Born in Yokohama, Kitsu began learning folk music from her father at a young age. She has appeared on NHK folk music programs and the show “The Untitled Concert”. She currently teaches folk music in her home town, while creating a “live” folk music through her experimentations of combining western and folk music through her band “Kaori Kitsu and the MinYo”.

木津かおり 

 

 横浜生まれ。幼少より父、木津竹嶺に民謡を、三味線を本條秀太郎師に師事。 NHK民謡番組や題名のない音楽会に出演し、全国各地のステージに出演する。コロムビアレコード専属民謡歌手活動の他、地元教室で指導育成や慰問活動、所属の郷土民謡協会成年部の仲間と全国規模で民謡の復活普及活動を行う。

 また七代目市川染五郎率いる「歌舞伎NEXT 阿弖流爲(あてるい)」に参加する等、邦楽多ジャンルや洋楽との競演にも取り組み、現在は民謡活動の他、西洋・民族楽器を巻き込む「木津かおりとthe民謡」(perc.岡部洋一・vn太田恵資)を中心に、活きた民謡で奮闘中。

竹嶺会会主代行。

一般財団法人日本郷土民謡協会会員(成年部副部長)。公益財団法人日本民謡協会会員。

アンカー
coming soon
準備中
190707勝福寺メンバー.jpg

木津かおりと the 民謡

それは岡部洋一の誘いで 2015年9月、

「実験 岡部洋一vol.10」での衝撃の出会いから始まった。翌 2016年6月、今度は

岡部洋一と太田惠資をゲストとして迎え、

「木津かおりとthe民謡」が始まる。

民謡がもつ地域性は不規則性や言葉優先主義として容赦なく西洋音楽理論を絶望の淵に陥れ、そこから新しい現代の民謡の音色に衣替えしていくことになる。そしていつしか3人による強固なグループとして唯一無二のサウンドが確立されようとしている。

 

メンバー
木津かおり [きつ かおり] (唄・ごったん・三味線)

岡部洋一 [おかべ よういち](パーカッション)

太田惠資 [おおた けいすけ](ヴァイオリン)

Kaori KITSU the MinYo

The project began in September 2015, when Yoichi Okabe invited Kitsu to “Experiment Yoichi Okabe vol.10”. The following June, Kitsu invited Yoichi Okabe and Keisuke Ohta as a guest to kick off “Kaori Kitsu and the MinYo”. The local nature of folk music constantly puts Western music theory in despair through its randomness and the prioritization of language, leading the group to explore a more contemporary tone of folklore. A formidable trio, the group is near the completion of a sound like no other.

メンバー
Kaori KITSU

(Vocal・Gottan・Shamisen)

Yoichi OKABE

(Percussion)

Keisuke OTA

(Violin)