coming soon
準備中
天田透
バスフルート/コントラバスフルート
 
88年に渡独、
95年ドイツ国立ミュンヘン音楽大学大学院修了。
同年、マル ウォルドロン トリオ・終戦50年平和祈念日本ツアーに、
ジーン リー(vo) とともに参加。
その後日独両国でソロ活動を開始。
バスフルート/コントラバスフルートによる表現を探求、独自のスタイルを編み出す。
2003年から五年間は、ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学(教育家コース)で
非常勤講師を務め、全ての楽器を対象に即興演奏の指導にあたった。
2010年以降は日本で活動を展開。調性音楽とも無調とも異なる響き、
そしてクセのあるリズムを持った<未知の懐かしい音>をテーマに創作。
ライブは一期一会、と、配信どころか記録を残すことさえをも拒んできた自分としては、
今回のコロナ禍下では『無音』を表現手段と考えていた。
カッコつけではなく、要請と自粛という言葉の組み合わせがどうも腑に落ちなかったし、
実際にはそれ以前から自発積極的に、休止の代わりとして『無演奏』したつもりでいたのだ。
しかしこの、“伝わらない”表現方法は、やはり長丁場には向かない。
どうしたものかと思案していたところ、なんと幸いなことにお声掛けいただき、
こちらの新しいプラットフォームに参加させてもらえることになった。
ライブともCDとも異なる配信用の作品をライブハウスで作る、
すなわち無観客公開用公式非公開録音(?)を計画しているが、
少しばかり!?特殊な楽器(写真はコントラバスフルート)の、新しい試みのため、
チョット時間がかかったらごめんなさい!どうぞよろしくお願いします。